TEL.03-5360-7920

マンションを売却するときに知っておきたい不動産買取業者と不動産仲介業者の違い -それぞれのメリット・デメリットを詳しく解説-

コラム

①はじめに

②仲介業者のメリット・デメリット

③すぐに売却したい人は買取業者がおすすめ!

④まとめ

「マンションの売却を考えているけれど、どんな業者に依頼をすればいいのだろう?」

今回はそんな悩みを持つ方へ向けた記事をお届けします。マンションを売却する際は、主に2つの方法があります。

①不動産買取業者に直接買い取ってもらう方法
②不動産仲介業者へ依頼して、買主を見つけてもらう方法

本記事では上記2つの方法の違いと、それぞれのメリット・デメリットについて、詳しく解説しますので、
マンション売却を検討している人はぜひ参考にしてください。

_

①はじめに

まず初めに不動産買取業者と不動産仲介業者の違いについてご説明します。
『不動産買取業者』とは、不動産を売りたい人から物件を買い取る業者のことです。買取業者へ売却依頼をすると、業者が直接買い取ってくれるため、買主を探す手間がかからず、速やかに売却できる特徴があります。
また、仲介手数料が発生しないため、売却額がそのまま売主の利益になる点も魅力です。
買取業者は主に買い取った物件をリノヴェーション(大規模なリフォーム工事)やリフォーム・修繕をしたうえで、再び販売して利益を得るというビジネスモデルが一般的です。当社リアルリンク・アネックスも買取業者に該当します。

『不動産仲介業者』とは、マンションを売りたい人と買いたい人をつなぐ(仲介する)業者です。
売却の依頼を受けた不動産仲介業者は、インターネット広告や、チラシなどに情報を掲載し、購入希望者を探します。仲介業者は売主と買主の中継役という位置付けであり、実際にマンションを購入するのは、仲介先となる買主です。
仲介業者は成約時に仲介手数料を売主や買主から得ることで、収益を上げるというビジネスモデルです。

『不動産買取業者』と『不動産仲介業者』の違いがお分かりいただけましたでしょうか。
次に、それぞれの方法を利用した時のメリット・デメリットについてみていきましょう。

買取業者を利用した時のメリット

買取業者を利用した時の最大のメリットは速やかに売却できる点です。
仲介業者に依頼すると、一般的に数ヶ月程度の時間を要してしまうため、とにかく早く売却して資金を得たい人に適した方法といえます。また、買取業者への仲介手数料は発生しません。
売却情報を知られにくい特徴もあるので、周囲の人に不動産を売りに出していることを知られたくない人にもおすすめできます。
買取業者に売却した場合、契約不適合責任(2020年4月の民法改正により、瑕疵担保責任から契約不適合責任へ変更)(※)が免責されることも大きなメリットです。仲介によって売却した場合は、売主は契約不適合責任を負うことになります。

(※)契約不適合責任(けいやくふてきごうせきにん)とは?・・・
契約不適合責任とは、売買契約の履行において、買主に引き渡した売買対象物である不動産が、種類・品質・数量に関して、契約の内容と合ってない場合に、買主に対し負うべき責任のことです。主に不動産の取引で該当するのは「品質」が問題となります。
中古住宅の場合の「品質」としては、経年による劣化または欠陥(天井裏の雨漏り・水道管老朽化による水漏れ・構造物の腐食など)が当てはまります

買取業者を利用した時のデメリット

買取業者を利用した場合、仲介業者と比較して売却価格が低くなりやすいというデメリットがあります。
一般的に買取業者にマンションの買取を依頼すると、売却価格は仲介業者に依頼した場合の7割程度になるといわれています。(前述の買取業者が大規模なリフォーム工事を行ってから再販するというビジネスモデルが多いため)
もちろん依頼する業者によって価格は変わりますが、基本的に仲介業者へ依頼するよりも割安になると考えておいてください。
また、物件の種類によっては買取が困難なケースもあります。

_

仲介業者のメリット・デメリット

次に仲介業者を利用する場合のメリット・デメリットを解説します。

マンション仲介業者のメリット

仲介業者は買取業者と比較して、売却価格が高額になるメリットがあります。
仲介手数料は発生しますが、最終的に売主の手元に入る金額は、買取業者に依頼するよりも高額になりやすいです。
また、不動産の売却査定をしっかりと行ってくれるので、仮に売却できなかったとしても、自分の不動産価格の相場を知る良い勉強になるでしょう。

マンション仲介業者のデメリット

仲介業者は買い手を探すために、インターネット広告やチラシに情報を掲載し買主を探すため、売却まである程度の時間を要します。
購入希望者がいつ見つかるか分からず、売却価格や売却時期が不明確なので、すぐに売却したいと考えている人には、あまりおすすめできない方法です。
また、売却後のクレームを防ぐために、部屋のリフォームや修繕、家具などの処分が必要となる場合もあります。
リフォームや修繕で費用が発生すると、たとえ高い価格で売却できたとしても、売主の利益が少なくなってしまう可能性もあります。
特に築古の物件を売却する場合は注意しなければなりません。

_

すぐに売却したい人は買取業者がおすすめ!

ここまで説明してきたように、買取業者は仲介業者より売却価格が低くなりがちですが、早く売却できるメリットがあります。
たとえば、すぐにでも引っ越さないといけない場合や、大きな資金を早急に確保したい場合などは最適な方法です。
また、仲介手数料が発生せず、リフォームや修繕も不要なケースが多いので、売却価格が低くなったとしても、仲介業者を利用するより利益が大きくなる可能性もあります。
できるだけ高く買い取ってくれる業者に依頼できるよう、事前に情報を集めておくことが大切です。

_

まとめ

不動産買取業者と不動産仲介業者には、それぞれメリット・デメリットがあることをご理解いただけたのではないでしょうか。
不動産の売却を検討している方は、両者の特徴をよく理解したうえで、自分自身にとって最適な方法は何か、考えてみることが大切です。
また、今すぐに売却する予定がない方も、将来売却する可能性が少しでもある場合は、事前に情報を集めておくことをおすすめします。

弊社では、マンション買取を積極的に行っております。
マンション売却でお悩みの方、ご検討中の方は、是非弊社へご相談ください。